大倉満さんに聞く「異常気象」その5

大倉満さんに聞く「異常気象」その5


「異常気象」といわれると、台風や洪水、干ばつなどを思い浮かべます。
ですが、私達の身近なところでも異常気象は起きています。
毎年のように続く猛暑と暖冬ですが、「たまたまでしょう?」などと思っていては大変です。
猛暑や暖冬も十分に異常気象なのです。
では、この猛暑や暖冬も含めた異常気象の原因とは何なのでしょうか?
また、対策を立てることはできるのでしょうか?大倉満と一緒に考えていきましょう。


~日本的には異常、世界的には正常?~

日本で起こった台風の被害ですが、1年に10個以上の台風が上陸するというのは、1950年以来なのです。
日本に上陸くる台風の数は、平均3個とされていますが、昨年は10個という異常な量が上陸しました。
日本にとってこの台風は非常に大きな爪あとを残した異常気象でした。

しかし、世界的に見た台風の数は特別増えているわけではないのです。
例年、中国には6個、フィリピンには4個、台湾には1個の台風が上陸します。
しかし去年は、中国には4個の台風が上陸し、フィリピンにいたってはひとつも台風が上陸しなかったというのです。
もし、中国とフィリピンに上陸するはずだった台風が日本に来たと考えると、
台風の数だけで考えると平年通りの数になります。
海水の温度や、太平洋の高気圧の形などによって台風のコースが変わるというこういった現象は、
50年に一度なら起こり得るこのなんだそうです。




大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能
スポンサーサイト
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示